サーバーで管理される電子カルテの便利さ

紙のカルテのデメリットは、保管場所と検索のための時間です。カルテの保管期間は5年と決まっており、もう来ない患者さんだとわかっていても破棄することができず、紙一枚分とはいえ場所をとります。また1年に1度、もしくは2年に1度来院する程度の患者さんであっても、常に保管をする必要があります。また50音順に並べて保管していても、何かの手違いで他の場所に紛れてしまい、紛失する危険もあります。患者さんの住所が飼わっていれば、その都度、手書きで修正する必要もあります。これらのデメリットを解消できるのが電子のカルテです。記入、修正はパソコンの端末さえあれば、どこでもできるので受付の方が住所修正もでき、内容の追加、修正に紙のようなスペースをとる必要も無くなります。検索は番号や名前の入力で、すぐに出てきますし、ネットサーバーであれば、外での往診であってもカルテをすぐに取りだせます。

電子カルテのメリットは、誰が見てもわかるという点

カルテはお医者さんが患者さんの体調や、経過などを記入した、非常に重要な個人情報です。そして患者さんに関わる、お医者さんを始めとした医療従事者の方々の共通の情報源となります。一昔前は全て手書きで書かれており、お医者さんによっては、ドイツ語が混ざっていて、診療のかたわら、急いで書いたため、クセ字や曲がった字になるなど、読みにくいものになることもあります。しかしこのような点はコミュニケーションを取ることで解決しますが、お医者さんが忙しくて、そのような暇がない場合は、他の方が解読作業をする羽目になります。しかし電子カルテなら、入力はキーボードであり、写真を載せて見やすいものにすることもできますので、情報共有が楽になります。ただパソコンが苦手なお医者さんには、あまり浸透していないでしょう。

電子カルテには、今までとは違うデメリットがある

検索、保管場所という点で電子上のカルテは非常に便利です。サーバー管理は専門の業者に任せることで、セキュリティも対策されます。大きな病院であれば、カルテをわざわざ移動させる必要がなくなります。診療所やクリニックでも、何年も来ない患者さんのカルテで場所をとり、探す時の障害になるようなこともなく、病院の方がたの手間が省けます。火事や地震の際に紙が燃えて濡れるなどで紛失することもなく、持って逃げる必要も無くなります。ただ問題はサーバーがダウンして、ハッカーなどがデータを盗むなどの被害に遭う可能性があるという点です。また停電が起こった場合も見る事が困難になります。電気と通信が遮断されれば、使えなくなる可能性があるというリスクもありますが、そのリスクを防ぐ対策も、サーバー管理会社は行っています。