メリットとデメリットを知って電子カルテを選ぼう

従来、病院では医師が診察の際、症状及び治療経過や処方薬など患者さんの診療に関するデータを医師が手書きでカルテに記入していました。今でも手書きカルテを利用している医療機関はあります。この手書きカルテは紙に記録し保管管理しなければなりません。当然、カルテ枚数が増えれば保管スペースの拡大が必要となり、カルテを探す場合は、時間を要する場合があります。このことが医療の迅速対応に支障をきたすおそれがあり課題となっています。また、カルテの手書き文字は本人以外、読めないことがあります。現状、このような問題を改善すべく電子のカルテの普及と活用が進んでいます。患者さんの診療データを電子のカルテに記録し、データベースに保存します。そのため必要な時に、どこからでも情報にアクセス可能となり、医療現場の効率化に結びついています。

電子化されたカルテのメリットとデメリットを見極め導入判断

昔より利用してきた手書きのカルテの問題や課題を解決するカルテの電子化は、様々なメリットを医療現場と患者にもたらします。まず、患者の治療履歴や既往症、投薬などのデータが瞬時に確認できます。加えて、ネットワーク環境が整っているとどこからでも情報にアクセス可能となり、診療部門間の治療情報の共有化に役立ちます。また、情報検索によりカルテを探す手間が省け、保存のための管理スペースは必要ありません。そしてカルテに入力されたデータは、受付から診療、会計と横断的に記録、保存され、特に患者は会計処理の迅速化が実現するため待機時間が大幅削減します。この画期的なカルテの電子化にもデメリットが潜んでいます。例えば、データ入力操作に不慣れや間違いがある場合、トラブルを誘引することとなります。初期投資費用が高く費用対効果が見えにくい点です。メリットとデメリットをしっかり見極め、導入の判断をすることが肝要です。

医療現場の問題点を解決するカルテの電子化対応

大規模な総合病院の受付会計コーナーを見ると、診療が終了し会計清算やお薬をもらうため、待合でかなりの数の患者が待機しています。多くの患者が待機する原因は、手書きカルテです。医師が手書き記入したカルテを看護師、薬剤師や会計事務員が読み取るために時間がかかってしまいます。それは見落としや見間違い等のヒューマンエラーがないよう時間をかけカルテをチェックしていたからです。カルテを電子化すると医療事務の業務改善が見込め、問題の会計時間は大幅に短縮されます。また、電子化されたカルテの情報は、瞬時に検索が可能であると共に他の医療機関や関連診療部門とカルテ情報の共有化が実現します。結果、総合的な診療により治療精度は向上、患者にとって大きなメリットとなります。カルテの電子化によって医療従事者は現場改善、患者には最適な医療が期待できます。