便利さで注目を集めている電子カルテ

今や色々なものがデジタル化している時代です。それは医療界でも異例ではなく、カルテの電子化が進んでいます。従来医師が紙のカルテに記載していた診療の経過などを、電子情報としてデータ管理する事により、業務が効率化するのです。データ化する事により情報が簡単に検索でき、治療にも余分な時間を掛けずに済みます。とはいえ、新しく開業する医療機関なら導入も簡単ですが、今まで紙で管理していたカルテをいきなり電子カルテに変更するというのも大変な事。無理をして電子化したとしても、本当に業務の効率化が望めるのでしょうか。電子カルテの操作や管理の仕方はどうでしょう。データの安全性は、互換性は、何かの場合のサポートは、とたくさんの疑問が湧いてきます。ここではそんな疑問にお答えするべく、電子カルテのメリットとデメリットについて紹介していきます。

カルテを電子化する事によるメリット

カルテを電子化する事によって得られる一番のメリットは、業務の効率化です。電子カルテは院内のネットワークを通じて、全ての部署、全てのスタッフに繋がっています。予約や受付で患者を確認すると、その情報は医師へいき、看護師は各々のタブレットやスマートフォンで患者の情報を共有できます。診察が終わるとその情報は会計へいき、処方箋発行もスムーズで、患者の待ち時間軽減にも繋がります。入院機能のある病院でも同じで、個々の患者への処置がすぐにわかり、伝達ミスも未然に防げます。また、検査会社などの外部の機関とも繋がる事ができるので、検査結果を電子カルテへ取り込み、必要な時に画面上から確認も可能です。紙カルテのように保管場所も必要ないので、作業スペースを広げる事ができ、管理も簡単なので人員削減にも繋がります。

電子カルテのデメリットと導入の決め手

電子カルテを導入するには、多少なりともデメリットもあります。まず、システムへの慣れが必要である事。たくさんの情報を記載できるようになっている為、操作が複雑になっている部分もあります。操作に慣れて独り立ちできるまでには多少のコストがかかってしまうかもしれません。また、今まで使用してきた機器などに互換性がない場合があります。その場合、電子カルテに運用を合わせる必要があります。電子機器のため、停電の場合は利用できません。一時的に紙カルテに切り替える事も必要になります。そして何より、導入費用に月々の運用コストも必要になります。導入の際には、デメリットとコストを払拭できる利便性を持ったものを選ぶ必要があります。これからの時代、カルテの電子化は必須になってきます。各社のものをよく比較し、見読性、真正性、保存性を満たしているかを慎重に見極めて決断するべきでしょう。