電子カルテの導入を検討する時のポイント

古くからあるクリニックなど、まだまだ紙カルテを運用しているクリニックは多いですが、電子のカルテの導入を検討している場合、どのタイミングで導入すればよいのかポイントを紹介します。まず、将来的に電子のカルテの運用を検討しているならば、導入時期は早ければ早いほうが良いです。なぜなら、導入すれば紙カルテを保管する場所の悩みから解放されるからです。早ければ早い導入をおすすめしますが、時期を見極めることは大切です。まず繁忙期は避けてください。万が一繁忙期に導入してしまった場合、患者数が多く忙しい時期に加えて院内のシステムが大幅に変更になるため、患者さんに迷惑を掛けたり、スタッフが変化についていけないことが考えられます。そのクリニックの繁忙期は避けて、患者数の少ない時期に導入するのがポイントです。

導入することで期待される効果を紹介

かつてカルテは手書きが主流となっていましたが、2000年頃から日本でも電子のカルテの導入が進んでいます。電子のカルテは、導入する時や維持するためにコストが掛かること、停電したときに使うことができず、セキュリティ対策をしっかりと行う必要があるという問題がありますが、導入することで多くのメリットが得られると考えられています。まず、医師が手書きで書いているよりも文字の判別が容易となります。さらに検索機能を活用することでカルテを探す時間を省くことができます。これらによって素早く診療に移ることができ、受付や会計処理も効率良く行うことができるため、結果として患者の待ち時間短縮に繋がるのです。また、サーバーに保管するため院内に保管場所を確保する必要がなくなるというメリットもあります。

情報共有をする上で電子カルテの重要さ

医療の質の向上や高度化、複雑化に伴って、医師や看護師だけではなく、作業療法士や管理栄養士、医療ソーシャルワーカーといった複数の分野のスペシャリストがチームを組んで医療を行うチーム医療が増えてきています。このチーム医療では、メンバー一人ひとりが患者の病状や容体を常に把握している必要があります。そのため、チーム内でも情報の共有はとても重要な問題となるのです。これを解決する上で、電子のカルテは大きな役割を担っています。従来の医療方法では、医師だけがカルテを見ていたため医師のみが判読できる内容でも問題ありませんでしたが、チーム医療では全員が分かる状態にしておく必要があります。さらに、誰もがどこでも見ることができる状態にしておく必要があります。電子のカルテであれば、これらの問題を全て解決することができるのです。