教えて!高速バス予約サイト6選

トップ > 高速バスの情報 > 高速バスはなぜ他の交通機関よりも安いのか

高速バスはなぜ他の交通機関よりも安いのか

 高速バスは人気が高い乗り物ですが、あまりにも安すぎて、利用していいのか迷う人も少なくありません。
どうしてそんなに安いのか、理由を知っておくことで利用しやすくなるでしょう。
第一の理由として、人件費が新幹線や飛行機ほどかからないことが挙げられます。
新幹線や飛行機の場合整備費用がかさむため、人件費や整備費の高さから費用が高額となりやすいです。
しかし、高速バスの場合には整備に対して人件費が飛行機や新幹線ほどかからず、高速に乗るときの費用も団体割引が効く為、割安な価格となっています。
そのため、通常の交通機関よりも割安な価格で乗れることが、主な事情です。
とはいえ、人件費が全くかからないわけではなく、多くのバス会社では運転手を交代制にするなど運転手に負担がかからないように配慮しているため、ある程度はかかっています。
それらを割り引いても費用がかさまないため、割安といえるでしょう。

 高速バスが大型車両であることも、割安となっている理由の一員とされています。
高速バスは通常の乗用車などよりもはるかに多くの人数を乗せて走ることができるため、1人辺りのバス料金を安くできるのが大きなメリットです。
貸し切りバスのように1人当たりの単価が一定していないのではなく、ある程度車両の大きさも乗員も決められており、多くの人が乗る都合から割安となっていることは事実といえます。
また、行きだけであっても往復で利用するのであっても、移動する間の燃料代や交通費を顧客が負担することになっているため、その分割安な価格で乗れるといえるでしょう。
とはいえ、多額の負担がかかるわけではなく、乗員数で交通費を含む燃料代を掛けることができるため、更に割安な価格となることがわかります。

 多くの場合、遠方に向かう高速バスの場合、宿泊費用が顧客に負担させられるのではないかと悩む人も少なくありませんが、それは違います。
というのも、高速バス会社では運転する路線をある程度決めています。
そのため、他のところに寄り道する余地がありません。
結果として長距離を運転するドライバーの宿泊施設を確保していることが少なくないため、料金にドライバーの宿泊費用がかからないといわれています。
結果として、料金を割安な価格にすることができるといわれているため、移動の際に載りやすい交通手段として多くの人から支持されるようになりました。
特に若年層で規制などを行う場合や、コンサートやイベントの参加で移動するときに、時間を効率よく利用できることから合理的な乗り物とされています。

次の記事へ

ページトップへ