教えて!高速バス予約サイト6選

トップ > 高速バスの情報 > 高速バス乗車前に好きな飲み物を用意して車内で飲む

高速バス乗車前に好きな飲み物を用意して車内で飲む

 近距離の各バス停止まりのバスとは異なり、高速バスは目的地まで長距離を走ることになるバスです。
特に夜の道路を走る夜行バスなどは、昼の時間とはまた違った時間が流れます。
車内はとても乾燥をしやすいことから、乗車前に飲み物を持参することです。
サービスエリアで購入をすることもできますが、夜行バスの場合は周りの乗客の関係もあります。
隣の人を起こして外へ出て飲み物を買い、戻ってきてまた起こして座席につくのは、他のお客さんにも若干迷惑です。
自分が通路側なら良いですが、窓側だとやはり気を使います。
夜行バスは夜の出発ですから、バスターミナルなどへ行く前にコンビニによるか、自販機などでバス乗車時のためにドリンクを買っておくことです。
自宅からであれば、水筒に好きな飲み物を入れて持参することもできます。

 高速バスに乗車をしたら座席を倒すことで、身体が後ろに倒れるのでゆったりと座ることができます。
最後部の座席ではない限り、後ろにも乗客はいますので、座席を倒す際には必ず一言声をかけることです。
後ろの席の人が前かがみになっていることを知らず、無言でいきなり座席を倒したら、後ろの人の頭を直撃してしまいます。
座席を倒すときに一声かけることは、高速バス乗車時のマナーです。
もしも予告なしに思い切り座席が倒れてきたら、誰だって良い気分はしません。
たくさんの人が乗車をする高速バスですから、1人1人が小さなマナーを守ることは大切です。
声をかけたからといって、座席を過剰に倒しすぎないようにします。
同じ日の同じ時刻に乗車をした皆が快適な乗車となるよう、周りの人のことも考えて、声をかけてほどほどに座席は倒すことです。

 乗車をする高速バスにもよりますが中には、コンセントがついていて自由に利用できるタイプもあります。
現代はデジタル機器を身近に持ち使う時代であり、スマートフォンや携帯電話にタブレットなどは、誰もが所持を知るアイテムです。
高速バスに乗る時にも、何かしらのデジタル機器は誰もが持っていますが、バスの中で充電が切れたら使うことができません。
そこで役立つのが高速バスに設置されているコンセントであり、バスの移動時間を使い目的地に着く前に充電をすることができるので便利です。
バス会社の計らいでのサービスですから、他の利用にコンセントは使わないようにします。
髪の毛をセットするために、ヘアドライヤーやコテなどのために使ってはいけません。
無料で利用はできますが、過剰な利用は控えることです。

ページトップへ